シークレットダイエット

>>シークレットダイエット方法の無料入手はこちら<<


おからダイエットとおからこんにゃくのレシピ

おからダイエットの一つとして定着したおからこんにゃくは、主菜から副菜、おつまみ、おやつにまで幅広く活用できる便利な食材です。

おからダイエットのメニューといえばおからハンバーグが思いつきますが、おからこんにゃくもまたハンバーグに応用ができます。

まず、おからこんにゃくをフードプロセッサーにかけて細かくし水気を絞ります。

普段のハンバーグ作りと同様に玉ねぎ、肉、卵を混ぜ合わせ、この時におからこんにゃくを加えます。

普段のハンバーグよりもやわらかい出来上がりになるでしょう。

おからこんにゃくは細かくしてハンバーグやコロッケなどのミンチとして使うことができますが、美味しく仕上げるためにはよく水気を絞ることが重要なポイントです。

おからこんにゃくのから揚げや焼き肉風は、肉のような食感を生かしたメニューです。

から揚げを作る場合はまず食べやすい大きさにちぎって下味をつけますが、おからこんにゃく自体に味がないため、下味をしっかりつけておくことが重要です。

また味がしみ込みやすいように手ででこぼこになるようにちぎるとよいでしょう。

フードプロセッサーでペースト状にしたおからこんにゃくは、のデザートにも利用できます。

生クリームやバターを控えたおからこんにゃくのデザートは、とてもヘルシーでダイエット中のおやつに最適です。

おからこんにゃく料理のレシピは他にもいろいろあります。

これまでのダイエットメニューではありえなかったおからこんにゃくメニューなら、無理なくダイエットが実行できるでしょう。


posted by lemon | おからダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おからダイエットと成功の秘訣

現在人気がある食事ダイエットと言えば、低炭水化物ダイエット、ヨーグルトダイエット、おやつぬきダイエットなどがあります。

その中でもおからダイエットは成功率の高い方法と言われています。

低炭水化物ダイエットはご飯やパンなどの炭水化物を減らす方法です。

ヨーグルトダイエットはヨーグルトを朝食やデザートに取り入れたり置き換えたりする方法です。

どちらも食生活に少し変化を加えるだけという手軽さと、経済的な負担が少ないことから若い女性を中心に取り入れられています。

また成功率が高いことからも注目されています。

おやつぬきダイエットは3食以外に間食をしないというダイエットです。

おやつを抜くだけの簡単な方法ですが、それなりの成果を出すことができます。

他にもウォーキングや縄跳びなどの運動によるダイエットも人気です。

こういった人気のダイエット方法から考えると、ダイエットの成功の秘訣は無理なく続けられることだと言えるでしょう。

絶食や無理な食事制限、自分に合わない運動によるダイエットは長続きしません。

それどころかリバウンドで過食に陥ったり、失敗して自信をなくしてしまったりすることにもなります。

おからダイエットはおからによる満腹感やおからの持つ味わいによって、我慢することなく続けられます。

さらに無理なくおからダイエットを続けるためには、おからクッキーやおからダイエット商品を利用したり、おから料理を工夫したりして、美味しく食べることも成功の秘訣です。
posted by lemon | おからダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おからダイエットとおからこんにゃくの利用方法

「おから」と「こんにゃく」を組み合わせたおからこんにゃくが登場して早くも数年が経ちました。

おからこんにゃくは今やすっかりダイエット食品として定着しています。

おからは豆腐の栄養が豊富に含まれている日本の伝統的な食品です。

最近になって再びその良さが見直されるようになり、おからを利用したおからダイエットは多くの人が実践しています。

こんにゃくもまた日本の伝統食品で、低カロリーであることからダイエットによく取り入れられている食品です。

この2つの食品を混ぜ合わせて肉のような食感を持つおからこんにゃくは、ダイエット中の肉の代わりとして最適です。

おからこんにゃくを利用したダイエットでは一日3食のうち一食をおからこんにゃくに置き換える方法があります。

他の2食は普段通りに食べられるため、無理なく続けられます。

おからこんにゃくダイエットを成功させるために重要なことは食生活を記録することです。

これはおからこんにゃくダイエットに関わらず、さまざまな食事ダイエットには全てに当てはまることです。

毎日決まった時間に計った体重、便通の回数、食事内容、運動の有無、体の変化を簡単に書き留めておくようにしましょう。

後に記録を見直して効果を確認すると、その後のダイエットの励みになります。また食生活における自分の癖や反省点が見えてきます。

おからこんにゃくダイエットは最低でも2週間程度は続けて効果を測る必要があります。

ダイエット期間が終了したら元の食事に戻してもよいですが、美味しく健康維持に役立つおからこんにゃくはその後も積極的に食生活に取り入れるとよいでしょう。
posted by lemon | おからダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おからダイエットとおからこんにゃく

おからダイエット商品の一つにおからこんにゃくがあります。

おからこんにゃくとはおからとこんにゃく粉に卵を混ぜ合わせて固めたものです。

おからのパサパサした食感とこんにゃくの味のしみにくさが改善され、調理しだいで肉や魚のような食感になります。

またおからの栄養成分である食物繊維やイソフラボンやサポニンを含み、肥満予防だけでなく、生活習慣病の予防にも役立ちます。

おからこんにゃくは一人の料理研究家から考案されたものですが、今では日本中のスーパーやネットで販売されるようになっています。

また、テレビで紹介されたことから話題となり、一時は売り切れが続出するほどの売れ行きとなりました。

現在では病院や学校給食でも取り入れられるほどの定番商品となっています。

おからこんにゃくのカロリーはトリモモ肉の10分の1程度、食物繊維はレタスの4倍、サツマイモの2倍と言われます。

そして一個300円から400円という手頃な価格も人気の理由でしょう。

ダイエット中でお肉を控えている人が肉の代わりに食べても大幅にカロリーを抑えることができます。

調理方法としては下味をつけて焼いたり、粉をつけて揚げるのが基本ですが、ミキサーで砕いてひき肉に混ぜ合わせたり、スライスして焼肉風にしても楽しめます。

おからこんにゃく自体に味がないため、下味をしっかりつけて調理するのが美味しく食べるコツです。

ダイエット中でも肉が食べたいという人は、ぜひダイエットメニューに活用し、ダイエットのストレスを解消しましょう。
posted by lemon | おからダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おからダイエットと栄養素

おからダイエットのおからは、もともと大豆から豆腐を作る時に出来る搾りかすです。

大豆は優れたタンパク質を豊富に含み、昔から「畑の肉」と言われてきました。

また良質な脂質、食物繊維、ビタミン、カルシウム、鉄分、ミネラルなどの栄養素のほか、大豆イソフラボン、大豆サポニン、大豆レシチンなどの栄養成分を含み、栄養のバランスに優れた食品です。

そんな大豆の搾りかすであるおからにも、大豆の栄養素が多く残っています。

おからには大豆タンパク質が多く含まれています。

大豆タンパク質は血液をきれいにする働きがあり、今日社会問題となっているメタボリックシンドロームや生活習慣病を予防するのに役立ちます。

またおからの中には豊富な食物繊維が含まれています。

食物繊維は食べ過ぎを防ぎ、便通を改善するため、ダイエットでも大きな役割を果たします。

また女性ホルモンと似た作用を持つイソフラボンは、更年期障害や骨粗鬆症、肥満、乳がんの予防に役立ち、ダイエットしながら美容にも効果を発揮します。

他にも抗酸化作用を持つサポニンや、細胞の新陳代謝に欠かせないレシチンは、肥満解消効果とともに栄養学的にも注目を集めています。

日本の今ほど豊かでなかった時代には、おからは貴重な食材として毎日のように家庭で食べられてきました。

しかし今では家庭でおからが食卓にのぼる機会は減っています。

そんなおからの栄養素に注目したおからダイエットを実践すれば、ダイエットだけでなく健康的に毎日を過ごすことができるでしょう。
posted by lemon | おからダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おからダイエットと便通

おからダイエットで得られる最も大きな効果は便通がよくなるということです。

これまでにもおからダイエットを体験した多くの人が、便通の改善効果に驚いています。

便秘とは便が大腸の中に長く留まり、排便回数が少ないことをいいますが、他にも排便困難や便量の減少、腹部の不快感や膨満感、腹痛などの症状も含みます。

基本的に3日以上排便がない状態を便秘と言いますが、個人個人の生活リズムの中で規則的に排便があれば便秘とは言いません。

一般的に便秘は女性に多くみられる症状です。

それは女性が男性に比べて食事の量が少なく、便を排出するための腹筋の力が弱いことが原因にあります。

便秘が続くと腹部の不快感だけではなく、痔や大腸がんの原因になり、ニキビや吹き出物などの肌トラブルにもつながります。

数あるダイエットの中でも食事制限による方法は便秘をさらに悪化させる恐れがあります。

またリバウンドもしやすく、健康面でもよくありません。美しくなるためのダイエットのはずが、返って肌荒れや過食を招いてしまいます。

そこで美しく健康的にダイエットする方法として、おからダイエットはお勧めです。おからは栄養的にも優れ、健康的に痩せることができます。

またおからに含まれる食物繊維は便の量を増やして便の流れを促します。

そのため便秘が解消し、便と一緒に老廃物質も排出するため美肌つくりにも効果的です。

便秘は不快なものです。おからダイエットによって便通を改善し、健康的なダイエットを目指しましょう。
posted by lemon | おからダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おからダイエットと犬

太りすぎは人間だけではなく、犬の健康にも悪影響を及ぼします。

犬も人間と同様に必要以上に太ると糖尿病や心臓病などの病気にかかる可能性が高まるのです。

そのため太っている犬はダイエットをする必要があります。

しかし、犬は自分でダイエットができないため、飼い主がしっかり食事の管理をしてあげなければいけません。

食事の量を徐々に減らしたり、ダイエットフードを取り入れたり、犬のダイエットにもいろいろな方法がありますが、おからダイエットもよい方法です。

犬のおからダイエットではいつも食べているドッグフードの量を減らしておからを加えます。

おからは薄いだし汁で煮てさましたものがよいでしょう。

おからは早く満腹になる上に腹もちがよいため、犬の食欲はしばらく落ち着きます。

ただし犬の栄養面から考え、長期間の実施は避けた方がよいでしょう。

また犬にもおからの好き嫌いがあるため、全く食べない場合には早めに別の方法に切り替えることも大切です。

最近では犬用のおからクッキーが発売されています。

人間用のおからクッキーは手軽なダイエット食として既に人気が定着していますが、犬用のダイエットおやつとしても人気を集めています。

また犬のダイエットでは食事だけではなく、運動をしっかりさせることが大切です。

散歩時間を増やしたり、ボール遊びを取り入れたり運動量を増やすだけでもダイエット効果が期待できます。

おからと運動を効果的に取り入れたダイエットで、大切な犬の健康を守りましょう。
posted by lemon | おからダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おからダイエットと商品

おからダイエットは食生活に取り入れやすく、経済的な負担が少ないダイエット方法です。

おからを食べるにはまずおからを調理する必要があります。

しかし日本の伝統食品であるおからは、現代の家庭の食卓に上る回数は減り、おからを知らない世代も増えています。

また、独り暮らしや働いている人とって、毎日ダイエットのためにおから料理を手作りすることは大変な手間でしょう。

ダイエットを成功させるためには継続することが大切です。

おからダイエットを無理なく継続するためにダイエット商品を利用するのも一つの方法です。

現在おからダイエットのためのさまざまな商品が販売されています。

中でもおからクッキーは代表的な商品で、その手軽さから多くの人々に支持されています。

また、便利な商品として乾燥おからがあります。

普通のおからは日持ちがしませんが、乾燥おからは体積が縮まるため扱いやすく、常温でも保存ができます。

水で戻して生のおからとして使用したり、揚げ物の衣代りに使ったりなど、生おからよりも活用の幅が広がります。

乾燥おからをさらに粉末にして加工したダイエット補助食品も手軽に利用できるものです。

おからを材料としたレトルト食品も販売されています。

こういったすぐに食べられるものは、忙しい人のダイエットには便利なものです。

また乾パンにおからを利用したおからパンも開発されています。

これは糖尿病食として医師が開発したものですがダイエット食としても便利です。

満腹感が得られやすいため、非常食も兼ねて常備しておくとよいでしょう。
posted by lemon | おからダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おからダイエットとおからレシピ

おからダイエットではさまざまなメニューにおからを利用します。

普段の食事の材料におからを加えるだけで、栄養的に優れた低カロリーなおかずに変わります。

おから料理といって真っ先に思いつくものはおからの煮物「卯の花」でしょう。

そのレシピは家庭によって異なりますが、基本的なレシピを紹介します。

まず、にんじん、ごぼう、しいたけ、油あげなど好みの材料をだし汁で煮ます。そこへ軽く炒ったおからを合わせ、しょうゆ、酒、みりんで調味して煮汁がなるまで煮たら完成です。

子どもの好きなコロッケやハンバーグにおからを加えたものもヘルシーなメニューとして知られています。

おからコロッケは通常のコロッケのひき肉や玉ねぎを炒める過程でおからも合わせ加えて、つぶしたジャガイモに加えます。
おからの量はじゃがいもの半分くらいが適量でしょう。

おからハンバーグでは、ひき肉をこねる過程でおからを合わせます。
ハンバーグの場合のおからの量も肉の半分くらいが目安です。

コロッケもハンバーグでおからの量が多すぎるとパサパサ感が気になることあります。

基本となる材料の半分程度を目安に、好みに応じて量を決めるとよいでしょう。

おからダイエットの定番、おからクッキーも自宅で手作りできます。

そのレシピはバターに砂糖、卵、おからの順番で材料を加え、よくなじませながら混ぜます。

そして、薄く丸めたものをオーブンかフライパンで焼くという簡単なものです。

好みによってゴマや胚芽を加えたり、風味を変えたりと楽しむのもよいでしょう。
posted by lemon | おからダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おからダイエットと経済性

おからはスーパーなどで100グラム20円から30円程度で手に入ります。

おからクッキーを手作りする場合、100グラムで20枚ほどできるということからも、おからが経済性に優れた食材であることが分るでしょう。

現代はダイエットブームと言われていますが、薬局やスーパーではさまざまなダイエット食品が並べられ、その種類の多さには驚かされます。

麺類やお茶、雑炊、スープなど見た目にも美味しそうで普通の食品と変わらないようなものが多く開発されています。

その価格は一食分安くて200円台から300円台が一般的で、高価なものでは一食1000円以上するものもあります。

ダイエットのためにスポーツジムやエステに通う人もいます。

そういった施設では個人に合わせたダイエットプランを作成し、スタッフの管理のもとで効率よく運動して減量を目指します。

費用は施設やコースによって異なりますが、1か月あたり一万円程度のコースから、本格的なものだと数十万円もするコースまであります。

また、自宅でダイエット器具を使用してダイエットを試みる人もいます。

最近人気のダイエット器具に乗馬運動器具がありますが、価格は数万円から数十万円ほどで高価な器具です。

継続して使用して効果をあげればよいですが、運動器具は途中で挫折しやすいのも難点です。

毎日の食事を工夫してカロリーを抑える方法はとても経済的な方法です。

その中でもおからダイエットはより食費を抑えることができる経済性に優れたダイエット方法だと言えます。
posted by lemon | おからダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
足やせダイエット
限定199名で今だけ無料!
足だけ痩せる脚やせダイエットをもらう
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。