おからダイエットで注意すること

健康や美容によいと言われるおからダイエットですが、実際に行う場合にはいくつか注意することがあります。

まずおからの保存方法です。おからは腐りやすいという性質があり、生のままでは長期保存ができません。

購入したらすぐに冷蔵庫で保存して賞味期限内に食べきるようにします。

長期保存したい場合には小分にして冷凍します。

からいりして水分を飛ばしてから冷凍すると固まらず、使用する時に便利です。

そしておからを調理する際には、油を吸収しやすいという性質に注意することが大切です。

例えばマヨネーズで和える場合、おからはマヨネーズの油分をどんどん吸収します。

おからがよい柔らかさになるには大量のマヨネーズが必要となり、かえって高カロリーな料理になっていまいます。

ダイエットのためのおから料理では、油分の多い調味料で和える時、酢やだし汁、酒などで水分を加えて調整するとよいでしょう。

おからダイエットだからといっておからだけを大量に食べ続けることは健康面からもよくありません。

おからは自然食品なので食べる量に決まりはありませんが、体質によっては下痢を起こすこともあります。

食物繊維が多いため食べ過ぎると他の栄養素、特に鉄分の吸収を阻害する可能性もあるため、様子をみながら一日あたり50グラムを目安にするとよいでしょう。

またおからは水とともに摂取するとより満腹感を得やすくなります。

飽きやすい食材であるため、料理を工夫し、時には市販品を利用するなどして、無理なく続けることが大切です。

プラシータ 効果 リセで二重


posted by lemon | おからダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
足やせダイエット
限定199名で今だけ無料!
足だけ痩せる脚やせダイエットをもらう
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。