おからダイエットとメタボリックシンドローム

おからダイエットはメタボリックシンドロームの改善にも効果的です。

メタボリックシンドロームとは内臓脂肪の増大によって、高血圧症、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病を発症しやすい体の状態のことをいいます。

メタボリックシンドロームの人は年々増加しており、40歳から74歳の男性の2人に1人、女性の5人に1人がメタボリックシンドローム、あるいはその予備軍と言われるほどです。

メタボリックシンドロームは日本では深刻な社会問題となっているのです。

生活習慣病を予防するためにはメタボリックシンドロームと診断されたら早急に対策を行うことが大切です。

また健康な人でも日頃から生活習慣を見直し、メタボリックシンドロームの予防に努めることが望まれます。

メタボリックシンドロームの予防にはまず食生活を見直すことが重要な対策です。

メタボリックシンドロームには栄養のバランスのとれた食生活がとても大切です。

油っこいものや甘いものは控え、また食べ過ぎもよくありません。
栄養バランスの取れた食事を規則正しく摂ることが最も理想的です。

そこで栄養バランスに優れたおからダイエットはメタボ対策には最適だと言えるでしょう。

おからにはたんぱく質、食物繊維、レシチン、ミネラル、リノール酸の他、栄養素がたくさん含まれています。

これらの栄養素にはメタボリックシンドロームの予防にも役立つのです。

おからダイエットがメタボリックシンドロームの改善に効果を発揮し、多くの人の健康維持に役立つことが期待されます。


posted by lemon | おからダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おからダイエットと食物繊維

おからダイエットではおからに含まれる食物繊維の作用が重要な役割を果たしています。

食物繊維とは人の体内の消化酵素では消化されない成分の総称です。

主に野菜や穀類、海藻、甲殻類、イモ類、豆類などに多く含まれ、大豆の搾りかすであるおからにも豊富に含まれています。

食物繊維はカロリーがなく、糖質や脂肪など肥満の原因となる栄養の吸収を阻害します。

さらに満腹感が得られやすいため食べ過ぎを防ぐことから、ダイエットに最適な栄養素として注目を集めてきました。

また他にも多くの働きがあります。

食物繊維は腸の中で消化されずに残り、余分な水分や老廃物を吸収して便の量を増大させます。

増大した便は流れが促されるため、便秘の解消や予防につながります。

また大腸がんを予防する働きもあります。
食物繊維を多く摂ると発がん物質が薄められます。

さらに食物繊維によって便は短時間で排出されることから、腸へ害を及ぼすことも少なくなるのです。

さらに動脈硬化を防止したり、善玉菌が増殖する手助けをしたり、高血圧を改善するなど食物繊維はさまざまな健康効果をもたらします。

日本の家庭では昔から大豆や海藻を日常的に食べ、無意識に食物繊維を体に取り入れてきました。

しかし最近ではそういった食品が食卓へ上る回数は減り、食物繊維を食べる機会が減っています。

おからダイエットによって食物繊維をたくさん摂ることは、本来の日本の食生活に近づくことであり、体のためにもよいことなのです。
posted by lemon | おからダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
足やせダイエット
限定199名で今だけ無料!
足だけ痩せる脚やせダイエットをもらう
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。