牛乳と豆乳

いつも飲んでいる牛乳を豆乳に置き換えて、豆乳ダイエットを行っている人はたくさんいるでしょう。

牛乳を飲む習慣がある人は、それを豆乳に変えるだけでいいので、とても楽なダイエットになります。

牛乳に比べると豆乳のカロリーは3分の2程しかなく、脂質も低いためダイエットに適しています。

また、牛乳に含まれているコレステロールが豆乳にはほとんど含まれていません。
ダイエットだけでなく、成人病の予防にもなります。

豆乳が苦手で飲むことができなくても、今まで料理に使っていた牛乳を豆乳に変えるのもお勧めです。

料理で豆乳を使えば、豆乳の独特な臭いもなくなり、栄養バランスもよくなります。
冬になると豆乳鍋もいいですね。

今までコーヒーに牛乳を入れていたのを豆乳にしてみるなど、工夫次第でたくさんの豆乳を摂取でき、ダイエットにつながります。

最近では、コーヒーを売っているお店で、頼むと牛乳の変わりに豆乳を入れてくれる店が増えてきています。

家だけでなく、手軽に豆乳を摂取することができるのです。

ダイエットの面から考えると豆乳を摂取するのがよいですが、牛乳にもたくさんの栄養が含まれています。

牛乳は豆乳の10倍ほどのカルシウムを含んでいます。どちらかが体にいいと言うわけではありません。

お互いに体に必要な栄養素を持っています。

豆乳ダイエットとして、牛乳の代わりに豆乳を飲んでいる場合は、不足しがちなカルシウムを乳製品などから補うようにしましょう。


タグ:牛乳 豆乳
posted by lemon | 豆乳と大豆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

豆乳クッキーでダイエット

豆乳ダイエットの中には、豆乳クッキーダイエットというものがあります。

豆乳の独特な臭いが苦手という人にはお勧めの豆乳ダイエットです。

このクッキーダイエットは一日のうち、一食をクッキーと置き換えるダイエットになります。

一食あたりのカロリーが150kcal程で、普通の食事をするよりもかなりカロリーを抑える事ができます。

一番効果が表れやすいのは、夕食と置き換えた時です。もちろん、朝や昼でも効果は期待できます。

このダイエットの人気の秘密は、お菓子感覚で食べることができて、クッキーの味が美味しいところにあります。

ダイエットなのにお菓子などの甘いものが食べることができないという欠点をなくなったのは嬉しいですね。

販売している会社によって味やカロリーなどは異なってきますが、他のダイエット食品に比べ食べやすいのが特徴です。

食事がクッキーだけではお腹が満たされない気がします。
しかしクッキーの中におからが入っているため、水と一緒に食べるとお腹の中でおからが膨れ、かなりの満腹感がでてきます。

このダイエットではクッキーと一緒に水を飲む事が大切になってきます。

クッキーとはいえ、豆乳に入っている栄養や一食分に必要な他の栄養もきちんと含まれています。
偏りのないダイエットができます。

ただ、このダイエットの難点はお金がかかることです。
普通に豆乳を飲むよりもお金がかかります。

続けることで、効果が期待できるダイエットなのである程度お金がかかる事は頭に入れておいた方がいいでしょう。
posted by lemon | 豆乳ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

豆乳ヨーグルトダイエット

豆乳ダイエットにヨーグルトダイエットのいい所をつけ加えたのが豆乳ヨーグルトです。

ヨーグルトを牛乳ではなく豆乳から作ることで、大豆イソフラボンや大豆サポニン、大豆レシチンを含んだヨーグルトができるのです。

大豆のこれらの成分はダイエットをやっていく上で、健康面・美容面からも大切な役割を果たしてくれます。

そしてヨーグルトにはダイエットに良いと言われる乳酸菌が含まれています。

他にもヨーグルトに豊富に含まれるカルシウムは脂肪の燃焼を助けてくれると言われています。

ダイエット以外にもヨーグルトは食べると満腹感を得られ、便通もよくなるので、便秘解消にも効果を発揮します。

この豆乳ヨーグルトは家でも作れます。
豆乳に出来上がったヨーグルトを入れ、40℃ぐらいに暖めると発酵して豆乳ヨーグルトができます。

ヨーグルトメーカーがあれば簡単にできますが、常温でも時間をかければできるので誰でも作ることができます。

使用する豆乳は無調整豆乳とプレーンヨーグルトを使用しましょう。
調整豆乳だとうまくヨーグルトが作れない場合があります。

豆乳ヨーグルトには砂糖が入っていませんが、ダイエットとして食べる場合はフルーツなどで甘みを付け加えましょう。

豆乳ダイエットとして、食前に豆乳を飲むだけでは続かないので色々な形で豆乳を摂取する事を心がけましょう。

ただし、豆乳と組み合わせるものは低カロリーで健康にいいものを選ぶ必要があります

豆乳もヨーグルトもカロリーが低く、栄養価も高いのでダイエットには最適な食べ物になりますね。
posted by lemon | 豆乳ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

豆乳スープダイエット

豆乳ダイエットとしてあげられるのが豆乳スープ。

豆乳を飲むだけでは満腹感が得られない人や置き換えダイエットをしたい人にお勧めのダイエットになります。

暖かいスープは、冷たい豆乳と違ってゆっくり味わって食べることになります。

ゆっくり味わって食べることはダイエットにも大切になってきます。

また豆乳スープのメリットとしてあげられるは、具によって様々な栄養を取れることです。

具をたくさん入れてもカロリーはそんなに高くはなりません。

たくさん野菜を入れることで、バランスよく作ることが大切です。
豆乳だけでは取ることができない栄養分を野菜からとる事も大切です。

豆乳と野菜の組み合わせは栄養素の面だけでなく、ダイエットの面からも最適な組み合わせになります。

無調整豆乳で作るスープが一番ダイエットにいいと言われています。
それは調整豆乳よりも多くの成分がたくさん含まれているからです。

豆乳だけでスープを作ると濃く感じる場合は、水で少し薄めて飲みやすくしましょう。

また豆乳スープは市販されています。
特に市販のダイエット食品として売られているものは一食100kcal以下とかなりの低カロリーです。

栄養はとれて、カロリーが低いというのはダイエットには強い味方になります。

スープだけでは満腹感を得られないという人には寒天入りのものもあります。

豆乳ダイエットの中でもご飯感覚で食べる事のできる豆乳スープはストレスが溜まりにくいダイエットの一つです。
タグ:豆乳
posted by lemon | 豆乳ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

豆乳バナナダイエット

豆乳ダイエットの中でも、バランスがいいと言われているのが豆乳バナナ。

この二つを組み合わせているで、お互いの成分を高め合ってくれ、有効なダイエットになっています。

大豆にはたんぱく質やイソフラボン、バナナには食物繊維がたくさん含まれています。

また、バナナは大豆に含まれるたんぱく質を分解し、代謝を促進してくれるのです。

より効果的にダイエットをすることができます。

バナナはビタミンやミネラルがたくさん含まれており、消化・吸収がいいのです。

また食物繊維を多く含んでいるため、便秘も解消してくれます。

甘くて美味しいバナナですが、カロリーは低く1本あたり80kcal程しかありません。

こんなに低カロリーなのに、食べると満腹感を得られます。
豆乳バナナであれば、一食置き換えてもあまり空腹感を感じません。

豆乳ダイエットの嫌な点として、豆乳の臭いが嫌という人も多いですが、豆乳にバナナを入れることで自然と臭いを抑える事ができます。

豆乳よりバナナの匂いが勝るので、飲みやすくなります。

豆乳バナナは自宅でもミキサーさえあれば、簡単に作ることができます。バナナと豆乳さえあればよいのです。

バナナが甘いため、砂糖を追加する必要もありません。
自分で作れて、美味しく飲めるのが魅力の一つです。

ただ、豆乳もバナナも腸内の環境を整える働きがあり、過剰に飲みすぎるとお腹を壊してしまうことがあるので気をつけましょう。

一回にコップ一杯ぐらいでも十分です。
posted by lemon | 豆乳ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

豆乳ダイエットのデメリット

豆乳ダイエットは栄養バランスもすぐれ、女性ホルモン同じ働きをしてくれるなど、ダイエット面以外にも良い働きたくさんしてくれます。

健康を考えても、毎日とり続けることは良いと言われており、デメリットのないダイエットとも言われています。

しかし、どんなに体に良い物であっても取り過ぎは禁物です。

取り過ぎによる悪影響が、実際にどのようなものかはまだ明らかにはなっていませんが、バランスが大切です。

ダイエットに良いと言われているのは豆乳に含まれる大豆イソフラボン。

一日に取ってもいいとされる上限量は70〜75mgといわれています。

最大でこの量なので、これより少ないぐらいがちょうどよいのです。

取り過ぎると女性のホルモンバランスが崩れやすくなると言われ、月経周期が乱れる可能性があると言われています。

豆乳は基本的にホルモンバランスを整えてくれますが、過剰摂取には気をつけましょう。

また女性ホルモンに影響を与えるものであるから、妊娠中の女性の過剰摂取は避けた方がよいと言われています。

豆乳ダイエットをする際の注意点として、大豆イソフラボンの摂取は一日の摂取量を守り、毎日摂取し続けるのがよいとされています。

豆乳に含まれる大豆イソフラボンでは過剰に摂取してしまうということはないようですが、効果を期待して、大量に飲んでも効果は変わりません。

また、たくさん飲んだからと言って、急な変化は期待できません。
毎日、時間をかけて続ける事が大切になってきます。
posted by lemon | 豆乳ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

豆乳ダイエットのメリット

ダイエットと言えば、意外と栄養が偏りがちです。

炭水化物を抜いてみたり、サプリメントやジュースなどに頼ったダイエットをしてみたり、バランスが崩れがちです。

その点、豆乳ダイエットはバランスが良く、置き換えのダイエットをする必要もないので、体によいダイエットです。

もちろん、一食を豆乳に置き換えたダイエットであっても、栄養が不足することがありません。

豆乳ダイエットの一番のメリットは簡単である事です。
食前に飲むだけでいいと言う手軽さで、誰でも続けることができます。

食前に飲むことで、満腹感を与えてくれ自然と食べる量も減らしてくれます。

いままでの食事も変える必要がないので、我慢をする必要もなく、手間もいりません。

ダイエットは我慢をすると、なかなか長くは続ける事はできないので、豆乳ダイエットはお勧めです。

また豆乳はスーパーやコンビニに売っており、いつでも手に入れる事ができます。

特別な準備をする必要もないので、人気のダイエットとなっています。

今では色んな味があり、飽きることなく続ける事ができるのもいいですね。

他にも豆乳ダイエットのメリットとしてあげられるのが、美容にも効果がある事です。

ダイエットをすると栄養が偏り、肌が荒れるなど、ダイエットをしたことによる美容面でのメリットは少ない場合があります。

豆乳の場合は、飲むだけでダイエットと美容の両方をカバーしてくれます。
ダイエットしていたつもりが、肌も綺麗になっていると嬉しいですね。
posted by lemon | 豆乳ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

豆乳キウイダイエット

豆乳ダイエットとして、豆乳を飲みやすくするために加えるフルーツの一つとしてキウイフルーツがあげられます。

キウイフルーツはパイナップルと同様に、たんぱく質を分解しやすい酵素を持ち、大豆ペプチドを作ってくれます。

パイナップルと同様の働きをしてくれるため、ダイエットには最適な組み合わせになります。

キウイフルーツはビタミンCや食物繊維をたくさん含んでいます。

お腹の調子を整えてくれるフルーツであり、便秘にも効果があると言われています。

またむくみを解消してくれるカリウムも豊富に含んでいます。ダイエットに必要な成分がたくさん詰まっているのです。

キウイフルーツを食べたり、ジュースにして飲んだりする時に皮を食べないという人が多いのではないでしょうか。

キウイフルーツは皮に一番栄養が含まれているので、たくさんの栄養を取り入れるためには皮を食べる必要があります。

表面の毛を綺麗に洗い流せば、そのまま食べる事ができます。

皮ごとミキサーにかけてジュースにすればより多くの栄養を摂取できます。

皮を食べるのに抵抗があるのであれば、中身だけでも十分栄養は補給できます。

豆乳キウイを作るのも簡単で、ミキサーに豆乳とキウイを入れるだけでできます。

さらにヨーグルトを入れるとイソフラボンが吸収されやすくなります。

豆乳ダイエットの効果をあげるには、作ったジュースを飲む前に30分置く必要があります。

そうすることで、大豆ペプチドが作られるのです。
posted by lemon | 豆乳ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

黒豆豆乳ダイエット

豆乳ダイエットの種類の一つとして、黒豆豆乳ダイエットがあります。

黒豆とは大豆の一種であり、豆乳の仲間でもあります。
そのため、大豆に含まれる成分は黒豆にも豊富に含まれています。

大豆と違うのは表面の色が黒いこと。

この黒さに黒豆の特徴があります。黒い色素成分に含まれるアントシアニンにはダイエット効果が期待されます。

アントシアニンはポリフェノールの一種でブドウやブルーベリーにも含まれ、活性酵素を除去してくれます。

活性酵素を除去することで血液をサラサラにしてくれ、さらにはシミやシワができるのを防ぎ美肌効果が期待できます。

ブドウやブルーベリーに比べるとかなりの量が黒豆には含まれています。

ダイエットの面では体脂肪の蓄積を抑えてくれます。体内の脂質を体外に出すことで、腸内での脂質の吸収を抑えてくれるのです。

黒豆を摂取した方が、普通の大豆を摂取した場合よりも脂肪量が少なくなると言われています。

さらに黒豆には更年期障害の症状を緩和してくれる働きがあり、ダイエット以外にも様々な効能を期待できます。

他にも大豆に含まれるイソフラボンやサポニンも黒豆には含まれているため、ホルモンバランスを整えてくれたり、便秘を予防してくれたりします。

豆乳と一緒に飲むことで、より良く体内に吸収され効果が期待できます。

黒豆が粉末になったものが市販されています。豆乳と粉末状の黒豆を溶かすだけでいいのです。

もちろん豆乳飲料にも黒豆が入っているものがあるので、手軽に黒豆豆乳ダイエットができます。
posted by lemon | 豆乳ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パイン豆乳ダイエット

最近、注目を集めているのがパイン豆乳ダイエットです。

飲みにくい豆乳をいかに飲みやすくするかという点で、豆乳と様々なフルーツの組み合わせがあります。

その中でも、バナナと同様人気なのがパイナップルです。
なぜパイナップルと豆乳の組み合わせなのでしょうか。

それは豆乳だけだと、たんぱく質から作られる大豆ペプチドが大きすぎて体内でうまく吸収されません。

この大豆ペプチドは腸に吸収されることで、基礎代謝があがり脂肪を燃焼してくれるのです。

より多くの大豆ペプチドを体内に吸収することで、ダイエットの効果を期待できるのです。

そこで登場するのがパイナップルです。

パイナップルのたんぱく質分解酵素が体内に吸収されやすい大豆ペプチドを作り出してくれるのです。

さらには悪玉コレステロールを減らしてくれるなど、ダイエット以外にもメリットがあります。

パイン豆乳は豆乳バナナよりも作り方が簡単です。
果汁100%のパイナップルジュースと豆乳を混ぜるだけで出来上がりです。

豆乳もパイナップルジュースも売っているので、簡単に手に入れる事ができます。

もちろん、すでに豆乳とパイナップルが混ざっているパイン豆乳を置いているお店もあります。

買って飲むだけなので、簡単に続ける事ができる豆乳ダイエットです。

パイナップルはたくさん飲みすぎると体を冷やしてしまうので、飲み過ぎないようにしましょう。

ご飯やおやつ代わりに1日3杯ぐらいを目安に飲むようにしましょう。
posted by lemon | 豆乳ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

豆乳ダイエットとは

豆乳ダイエットとは、食事の前に豆乳を飲むだけの簡単なダイエットです。

豆乳は大豆とほぼ同じ成分を含み、低カロリーなのに様々な栄養素を含んでいます。

豆腐などの固形よりも豆乳の方がより良く栄養分を吸収してくれます。

高タンパクでコレステロールの低い豆乳はダイエットに最適な働きをしてくれます。

植物性のたんぱく質には脂肪を燃焼する働きがあります。

また、腸内の余分な脂肪や糖質を吸収させない働きがあり、また善玉コレステロールを増やす働きがあります。

これは便秘防止によいとされ、体内に過剰な栄養が摂取されるのを防いでくれます。

さらに大豆に含まれるイソフラボンは女性ホルモンと同じ働きをしてくれるため、女性ホルモンのバランスを整えてくれ、肥満防止にもつながります。

豆乳には基礎代謝を高める働きがあります。
その基礎代謝が上がれば、太りにくくなり、たくさん食べても脂肪がつきにくくなります。

今の体重を減らす事ももちろんできますが、今以上に体重を増やすのを防いでくれます。

簡単に体重は落ちませんが、長く続けることが大切です。豆乳を摂取するとやせやすい状態を作れるのです。

そして豆乳ダイエットをするだけで、体の中から改善してくれます。

ちなみに豆乳を摂取するのは食前30分がいいといわれています。
空腹感を押さえ、食事の量も減ります。

豆乳ダイエットは無理な制限をする事なくダイエットができ、自然の健康食品であるため体に優しいダイエットとして人気があります。
posted by lemon | 豆乳ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
足やせダイエット
限定199名で今だけ無料!
足だけ痩せる脚やせダイエットをもらう
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。